自分だけの車スタイル!グリル内LEDイルミネーションで演出する贅沢

当ページのリンクには広告が含まれています。
自分だけの車スタイル!グリル内LEDイルミネーションで演出する贅沢
自分だけの車スタイル!グリル内LEDイルミネーションで演出する贅沢

こんにちは。車載ガジェッターのatchk( @tsukattemita)です。

車のオリジナルカスタムに「グリル内LEDイルミネーション」はいかがでしょうか。

手軽に導入できるのにインパクトは絶大。

かかる費用は数千円。

たったそれだけでLEDイルミネーションが、愛車をオリジナルカスタム化してくれます。

電源の取り回しに若干の工夫が必要ですが、配線さえ通してしまえばあとは楽勝です。

今回は私の愛車「80系ノアハイブリッド」のグリルを、LEDイルミネーション化したので記事にしました。

使ったパーツは「YOURS(ユアーズ)80ノア/ヴォクシー後期専用 グリル内LEDイルミネーション【ホワイト】

車種専用として販売されているものの、汎用性が高いので他の車種でも使い回すことができます。

また、電源さえ取ってしまえば、LEDテープなどを繋げて使うこともできますよ。

柚子

外装へのLED取り付けって大変なんじゃない?

atchk

配線さえ引きこんでしまえばこっちのものだ。
電源は他の外装にも流用できるぞ。

目次

グリル内LEDイルミネーションって何だ

グリル内LEDイルミネーションは圧倒的なインパクト。
グリル内LEDイルミネーションは圧倒的なインパクト。

最近の車は、フロントグリルが大型化しています。

そこをLEDでライトアップしてしまおう!というのが「グリル内LEDイルミネーション」。

ポイントは、内側から外を照らすのではなく、「外側から内側」を照らすところ。

簡単に説明すると「ラジエター」に照明を当てている感じですね。

間接照明的なライトアップです。

取り付けたのはYours(ユアーズ)のグリル内LEDイルミネーション

Yours(ユアーズ)のグリル内LEDイルミネーション
Yours(ユアーズ)のグリル内LEDイルミネーション

商品の説明
◆グリル内を幻想的に光らせることができるLEDカスタム商品が登場!
ホワイトorブルーのインパクトのあるグリル内LEDで、他車と差別化できる人気のカスタマイズです。
拡散性のあるLEDを使用しているため、グリル全体がきれいに光ります。
取付位置も予め決めてあり、ページ内に取付の説明もございますので比較的簡単に取り付けが可能です。
LED本体の裏側には両面テープ付き。電源を取ってきてLED配線と接続させるだけでOKです!

Amazonから引用

Yours(ユアーズ)のグリル内LEDイルミネーションは、こんな感じでパッケージングされています。

かなり簡易的なパッケージングですね(笑

パッケージの中身は以下の通り。

  • LED本体 2個1セット
  • 電源配線(1.5m)
  • エレクトロタップ

LED本体は防水仕様になっているので、雨の日も安心です。

エレクトロタップが付属されているので、カーナビ裏など様々な箇所から電源を分岐できます。

私は、「エーモンのスイッチ付き電源プラグ」を使い、シガーソケットから電源を取りました。

ACC電源から取るのもおすすめですね。

グリル内LEDイルミネーションの取り付け

取り付けはそれほど難しいものではありませんが、車内から電源を取るのに少し手間取るかもしれません。

今回は80系ノアへ取り付けましたのでご紹介します。

念の為コルゲートチューブで配線を保護しておく

配線が剥き出しになっていると、破損・漏電する危険性があるので「コルゲートチューブ」で配線を保護しました。

これなら配線が目立たなくなるので、一石二鳥ですね。

車内へ配線を引き込む

80系ノアの場合、ボンネットを開けて左の奥を覗いてください。

画像のようなゴム製のパーツがあるので、キリなどで穴を開け「配線通し」を使って車内に配線を引き込みます。

結構ギュウギュウなので、配線が入りづらい時は「CRC」を使って滑らせると入りやすくなりますよ。

配線を通した後は、車内に水が入らないよう「ビニールテープ」などで防水処理しましょう。

車内側は「パーキングブレーキ」上部あたりから配線が出てきますので、電源に繋げてください。

LED本体の取り付け

ボンネットを開け、グリルの中を覗くとナンバープレートがついているあたりに「発泡スチロール」が見えます。

画像のように、ナンバープレートの両脇付近に両面テープで取り付けます。

柚子

LEDの直接の灯りが、外に漏れない場所に取り付けてね。

点灯をチェック。

LEDのカラーは「ホワイト」ですが、若干青みがかった感じですね。

「ブルー」を選択すると、もう少しイメージが変わりそうです。

グリル内LEDイルミネーションを取り付けるメリット

見た目以外のメリットがなさそうなグリル内LEDイルミネーションですが、実は意外なメリットがあります。

常時点灯させておくと「デイライト」として機能するため、歩行者や他車に自車を認識させることができるんです。

昼間もそうですが、夕方や明け方の視認性が高まれば、事故を未然に防ぐことができますね。

グリル内LEDイルミネーションの車検対応

2024年1月時点で2回の車検を受けていますが、特に指摘されたことはありません。

受けているのは「トヨタのディーラー車検です」

無駄に目立たせるのも嫌なので、グリル内LEDイルミネーションは「消灯」した状態で入庫しています。

自分だけの車スタイル!グリル内LEDイルミネーションで演出する贅沢まとめ

今回は80系ノアに「Yours(ユアーズ)のグリル内LEDイルミネーション」を取り付けました。

ACCやシガーソケットから電源を取るので、車内への配線引き込みに、若干手間取るかもしれませんが、難易度は低い作業です。

見た目のおしゃれ要素だけじゃなく、「デイライト」としても機能しますので、安全対策の一環としても活躍してくれることでしょう。

Yours(ユアーズ)のグリル内LEDイルミネーション」はわずか数千円。

低価格で大きなインパクトがあるので、ぜひ取り付けてみてくださいね!

atchk(あっちけい)でした!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次